令和5年11月の漁業アカデミー

     令和5年11

 11月に入り、急に寒くなりました。研修生は体調管理をしっかり行い、親方の指導の下、安全操業を常に心がけ引き続きインターンシップ研修に精力的に取り組んでいます。
 アカデミーでは、来期や今後の入学希望者の参考になるよう毎年オープンキャンパスを開催しており、今年度は今月実施しました(12月も開催予定です)。

〇とくしま漁業アカデミーオープンキャンパス(県南コース)

 アカデミー入学希望者など、本県での漁業就業に興味のある方を対象に、次のとおりオープンキャンパス(県南コース)を開催しました。なお、県北コース(和田島漁協)も予定しておりましたが、2回延期したものの、悪天候のため残念ながら中止となりました。

 開催日時 令和5年11月19日(日)6:00~8:45
 開催場所 海部郡海陽町 鞆浦漁協
 参加者  6名

 AM6時前より、鞆浦漁協河野組合長の案内で漁協事務所2階に移動し、模型を用いて大型定置網(現地名:大敷網)の説明を受けました。設置後の完成型は2段落とし網を陸側と沖側の2か所に設置するそうですが、漁期が今月始まったばかりであり、沖側の落とし網設置はこれからで、現在は陸側1か所を設置した状態との説明がありました。鞆浦大敷網は乗組員は本船13名、小型の中船(なかぶね)3名の計16名体制で漁を行っています。当日は荒天後の凪(なぎ)でしたが、荒天後は潮の流れが速い場合が多く、上り潮(西から東向きの潮の流れ)が強いと網持ち(漁獲作業)ができず、出戻りになる可能性も高いとの説明がありました(当日は陸からは判断できない状況だったようです。)。
 組合長の説明終了後、参加者は救命胴衣及びヘルメットを着用し、全員が本船に乗り込み6時過ぎに出港となりました。漁場は近く、港から5分程度で現場に到着しましたが、説明にあった通り、現場では上り潮が速く、目印(海面上に建てた竹)周辺の浮子が沈んでおり、網持ち不可能との判断で残念ながら出戻りとなりました。
 帰港後、組合長から漁港施設の説明を受けるとともに、小型定置網漁獲物(ヒラスズキやカンパチなど)の水揚げ作業や8:20からの入札を見学し、組合長にあいさつの後、解散となりました。
 当日は大敷網漁の見学・体験は残念ながらできませんでしたが、その他漁業の漁獲物や入札見学を実施することができました。組合長からは、再度別日程でオープンキャンパスを実施してはどうかとの話をいただき、2回目を12月10日(日)に実施することとなりました。

 最後に、快く対応いただいた河野組合長はじめ大敷網乗組員の方々、関係者の皆様にお礼申し上げます。

※鞆浦漁協に関係するHPがありますので、興味ある方はご参考下さい。
なお、鞆浦漁協の大敷網は一般の方でも体験漁業ができますので、興味ある方は是非ご体験下さい。



 組合長から漁船乗船前に模型を使って大敷網の説明をしていただきました。
 鞆浦漁協事務所にある大敷網の模型(写真右側が2段落とし網部分)
 大敷網の本船轟丸、通称「虹マンボウ」に乗り組みました。
 出港です。夜が明けてきました。先に中船が出港しています(写真中央上)。
 大敷網の漁場に到着しましたが、目印の竹周辺の浮子(あば)が上り潮で水面下に沈んでおり、天候は快晴で波もありませんでしたが、残念ながら網持ち不可の判断となりました。
 帰港後、水揚げに使用する施設の説明をしていただきました。
 水揚げされたヒラスズキ。この日は90kg近く漁獲されたようです。
 シオ(小形カンパチ)の水揚げもありました。
 珍しいカライワシ(40cm程度)です。徳島県立博物館にサンプルとして引き取られていきました。
 入札の様子です。当日はヒラスズキ、シオのほかグレ(メジナ)、小アジやアオリイカがありました。


〇とくしま漁業アカデミー第7期研修生 研修情報①

 取材日 令和5年11月21日(火)AM
 場 所 海部郡美波町 由岐漁港

 10月から、専攻コース3名はそれぞれ室撫佐漁協、和田島漁協及び由岐漁協で、一般コース3名はそれぞれ北灘漁協、椿泊漁協及び伊座利漁協で実践的な研修に鋭意取り組んでいます。

 今回、由岐漁協で親元就業を予定している、7期生で最も若い専攻コースT研修生に話を聞きました。T研修生は父親が親方となり、春にはヒジキ漁、夏には延縄・素潜り漁、秋から冬は延縄、小型定置網、磯建網を行うなど、幅広い漁業種類を独立に向け日々研修中で、地元期待の若手後継者です。
 現在、イセエビ網(磯建網)、イカ網(小型定置網)漁をメインに行っており、今朝はイカ網を揚げに行き、アオリイカを10数杯水揚げしたとのことです。イセエビ漁は徳島県規則で5/15~9/15までが禁止期間と定められており、由岐地区では今年は10月に入ってから解禁となっています。当日のイセエビ網は凪で出漁可能となり、船外機に網を積み込んで網入れの準備をし、昼から祖父、父と3人で網入れをする予定とのことでした。この日は上弦の月の翌日、旧暦10月9日で、満月周りに漁獲の多いイカ網と、新月廻りに操業するイセエビ網を同時に行う日でした。
 T研修生は病気やけがもなく元気に研修中とのことで、最後に改めて安全操業で研修を実施するよう伝えました。

関連記事など
2023年5月23日

 T研修生と由岐漁港に停泊中の操業に使用している漁船です。波の穏やかな日は、大きな船(写真中)より小回りの利く船外機船(写真左)を主に使用するとのことです。
 イセエビ網漁に使用する船外機船と積み込まれた漁具など。普段は2、3人が乗り組み網入れするそうです。
 資源保護のため、使用数量や操業時期などが地区ごとに決められています。
 イセエビ刺網の模式図です。イセエビの潜む岩場に午後に仕掛け、夜中に引き揚げます。
 イセエビ幼生の回遊イメージ図です。イセエビは幼生期(プランクトン期)の生活史に謎が多く、ペラペラのフィロゾーマ幼生は漂うクラゲに乗っかったりして300日間ほど回遊するとの話もありますが、いまだに全容は解明されていないようです。2017年8月に始まった過去最長の黒潮大蛇行の影響で本県への幼生の来遊に影響がなければよいのですが・・・
 由岐漁協の事務所です。
 由岐漁協事務所横の荷捌施設の水槽に、水揚げされたばかりのアオリイカが泳いでいました。大きいもので1kg超ありました。
 美波町など県南地区でよく使われているアオリイカ狙いのイカ網(小型定置網)です。
 アオリイカの一生を描いた模式図です。徳島県では、この時期は黄色部分の「著しく早く成長」する時期でいわゆる”旬”となり、大量に餌を食べて急激に成長し、肉厚で身が柔らかく甘いのが特徴です。
 今年度から美波町日和佐町漁協を中心に「徳島のアオリイカを守る会」を結成し、資源保護のため釣り人などに対して胴長15cm以下の小さなアオリイカ(稚仔期)を捕らないようお願いしています。
 この日は高気圧に覆われ風もなく、小春日和の晴天べた凪でした(田井の浜から太平洋を望む)。