令和2年7月の漁業アカデミー

 梅雨期間中で荒天のため海上での現場実習が行えない日が続きました。
 
 7月後半には,「食品衛生責任者」資格取得のための講習会を受講。
 また,海陽町浅川の県栽培漁業センターでアワビ種苗生産の現場を体験するとともに,徳島大学との連携講座(「ミリン藻の陸上養殖の取組」)を受講しました。

◯食品衛生責任者養成講習会(7/21@阿南保健所)
 「食品衛生責任者」は栄養士や調理師などに資格が与えられますが,この講習会を受講すれば,その資格を取得することができます。

教材の食品衛生責任者ハンドブック第3版

◯現場実習(7/22@栽培漁業センター浅川)
 栽培漁業センターは,徳島県水産振興公害対策基金(漁業アカデミーの事務局も務めています。)が運営する施設で,クルマエビ,アワビ,アユの種苗を生産しています。
 
 今回はアワビ種苗生産担当より,試行的に取り組んでいるトコブシ種苗生産の説明を受けました。
 また,同敷地内で実験を続けている徳島大学の岡講師より,近々陸上養殖を事業化するミリン藻の増産について説明を受けました。

牟岐産トコブシを母貝とした種苗生産の説明


試験用のミリン藻の培養水槽の説明

◯現場実習(7/28@水産研究課鳴門)
 水産研究課担当と片岡氏(指導漁業士 浅川漁協)よりモヅク養殖について説明を受けました。

昨年の2回の試験結果を資料により説明





令和2年6月の漁業アカデミー

6月
 牟岐地区での現場オリエンテーション実習に加えて,コロナウイルスの影響で延期となっていました船舶免許講習会を受講。

小型船舶操縦2級養成コース(6/14@小松島市和田島町)
 小松島マリーナにて,前週2日間の学科講習に続き実技講習を四国船舶職員養成協会の教官が指導。
室内で係船のためのロープワーク

教官と2名で乗船して操船実技


現場実習(6/16@牟岐町)
 梅雨の合間に,その日の朝に収穫したテングサを午後1時頃より漁港広場に拡げて天日干し作業。2時間ほどで乾燥するので,3時頃から付着している貝殻などの異物を除去して,出荷用袋に15キロ単位で袋詰めする。
収穫したテングサを船から陸揚げ

藻体が重ならないように拡げて天日乾燥

座学(6/25@水産会館 県漁連)
 県漁連のテングサ入札を見学。牟岐からの出荷は例年より少なかったが,県下全体の出荷量は1割増の23トン。入札終了後に共販課の担当者から今回の入札結果と出荷の際の選別の注意点などの話を聞く。次回の入札は9月上旬を予定。

藻体の根に付いた石灰を除去すると藻体が
バラバラになるので,その部分は残すこと。


令和2年5月の漁業アカデミー

5月  コロナウイルスの影響で無線・船舶免許講習会は延期となりましたが,現場オリエンテーション実習などがスタートしました。今年度は研修生2名のため,それぞれに合わせたオーダーメイド型実習を行っていきます。

現場実習(5/2@牟岐町)
 牟岐町漁協にて,小型定置網漁業,採貝・採藻漁業を中心にした現場実習がスタート。
港内で網の捌き方の練習


現場実習(5/25@伊座利)
 伊座利漁協の大敷網漁業を体験。コロナウイルスの影響から魚価が低迷しており,予定より早く5月末には大敷網が撤収されるため,この日の体験となった。
  6時に乗組員8名とともに出港。この日は漁獲物が少なかったため,8時には帰港し,その後漁獲物の選別作業に加わった。
海上にて魚取り部分の網揚げ作業

その後,陸上にて漁獲物の選別作業



座学(5/27@水産研究課美波庁舎)
県南の漁業概要説明を中心とした座学

とくしま漁業アカデミー 第4期生の入学式がとりおこなわれました

令和2年4月16日,徳島市内の徳島県水産会館において,とくしま漁業アカデミー第4期生の入学式が行われました。今回はコロナウイルス感染を避けるため規模を縮小しての開催となりました。 今年度の研修生は,県内の男性1名,女性1名の計2名で,いずれも30代です。
祝辞をいただいた徳島県漁業協同組合連合会代表理事会長 久米順二 様をはじめ,ご来賓の方々,ありがとうございました。
最後に飯泉知事(徳島県水産振興公害対策基金理事長)との記念撮影。

第3期生の卒業式がとりおこなわれました

 3月18日,3名の研修生は,1年間のカリキュラムを終了し,全員無事卒業して,希望する漁業に就業しました。卒業後は,それぞれの指導者の元で働きながら実践的な技術を身につけていきます。
 卒業生の旅立ちを祝福していただきましたご来賓の皆様には,心から御礼申し上げます。






令和2年度研修生 募集中‼

このブログで,研修の様子を発信している「とくしま漁業アカデミー」の,
令和2年度研修生を募集しています。
応募資格は,以下の条件を全て満たす方です。
  • 令和2年4月1日現在で満18歳以上の方
  • 徳島県内の市町村に住民登録を行っている方又は確実に行う方
  • 研修終了後に徳島県内で漁業就業する方
募集期間は令和2年2月29日まで ですが,
随時選考審査を実施し,合格者が定員(7名程度)に達した場合は,
以降の募集を終了する場合もありますので,早めの応募をお薦めします
詳しい募集要項はこちら

オープンキャンパス(第2回)を開催しました

「とくしま漁業アカデミー」では,1年間にわたって研修を行う長期研修以外に,本県での漁業就業に興味のある方を対象にした「オープンキャンパス」を実施しています。第2回目の今回は「県北コース」として,鳴門市 北灘漁協でワカメ養殖の漁業体験を行いました。

北灘漁協 粟田支所に集合し,まず水産研究所の職員からワカメ養殖の説明を受けました。

漁船に乗り込み,港の沖合の養殖施設で,ワカメの生えたロープを引き揚げます。

港に持ち帰ったロープをウインチで陸上に引き上げます。
ロープを巻き取りながら,ワカメを刈りとります。
  この日は,20mのロープを引き揚げ,50kgほどのワカメを収穫しました。

 その後,瀬戸町の水産研究所(鳴門庁舎)に移動して,研究内容の説明を受けました。
 ここでは,様々なワカメの種を保管していて,品種改良などの研究をしているとのことでした。

水産研究所(鳴門庁舎)で研究員の方から研究内容の説明を受けました。
今回は天気予報が悪く,開催が危ぶまれましたが,午後1時に港に集合する頃には雨も上がり,海も穏やかで無事漁業体験を行うことができました。
 北灘漁協の皆さん,お世話になりました。