現場実習(進路選択オリエンテーション)@伊島


今年度4回目の進路選択オリエンテーションは,6月11日から6月15日にかけて,阿南市伊島地区で行いました。

前回の出羽島でのオリエンテーションから,今回の間まで,研修生はなにをしていたかというと,「これがなければ漁師ははじまらない」一級小型船舶操縦士の免許取得に勤しんでいました。みなさん,無事試験に合格したようです。ちなみに,漁業無線に必要な第二種海上特殊無線技士の資格もすでに取得済みです。

伊島では,赤物延縄と一本釣りを行いました。

まずは,仕掛けづくりから。

赤物延縄,一本釣りともに,出漁はこの時期午前5時~6時頃です。

漁を終えた船が戻って来ました。

帰港は午後2時~3時頃。

赤物延縄の漁獲物は,出羽島と同じく,アカアマダイやイトヨリのほか,

超高級魚「シロアマダイ」も獲れました。見た目の鮮やかさはアカアマダイに劣りますが,値段はこちらの方が上。

一本釣は,アジが中心。

今回の研修とは関係ありませんが,伊島は海士漁業も盛んで,アワビが水揚げされていました。

伊島は,紀伊水道のど真ん中にある島ですので,和歌山に行くのも徳島に行くのも,だいたい同じくらい。そこで,伊島の漁獲物の大半は,この船で和歌山に運ばれ,その後京阪神の市場でセリにかけられます。

伊島の皆様,ありがとうございました。

現場実習(進路選択オリエンテーション)@牟岐出羽

今年度3回目の進路選択オリエンテーションは,5月28日から6月1日にかけて,牟岐出羽島地区で,赤物延縄とテングサ漁を行いました。

平成30年の四国地方の梅雨入りは,平年よりやや早く,5月28日頃とされましたが,研修中も曇りあるいは雨の日が多かったようです。それでも,2つの漁業種類の実習をすることができました。


【赤物延縄】


赤物延縄漁は,早朝,というか未明の2時頃に出漁します。ねらいは,レンコダイ,イトヨリ,アマダイなど。

で,朝8時頃には帰港します。港で,先着組が降着組を待っているところ。指導漁業者の奥様と一緒に。

 降着組も戻って来ました。

帰港後は,休む間もなく,延縄のメンテナンス。昨年度の研修生で,今は出羽島で漁師(見習い)となっているNさんも,先生として指導に来てくださいました。この作業が昼~夕方頃まで続きます。

最終的にこのようにきれいになれば,完成。長い仕掛けが,沖でからまないために,非常に重要な作業です。



【テングサ漁】

徳島のテングサ漁は2種類あり,1つは海に潜って採取するもの,もう1つは海岸に打ち上げられたテングサを拾うもの(通称「ひろい」などとも呼びます)です。今回は「ひろい」の方を実習。あいにくの天候でしたが。。。
[ご注意]テングサには漁業権が設定されている例がほとんどです。漁業権が設定されているエリアにおいては,一般の方がテングサを採取することはできません。

実習最終日は,好天に恵まれました。先ほどのNさんがテングサを干している様子を見学。このように干されたテングサは,袋詰めされ出荷されます。昨年度の袋詰め,出荷の様子はこちら。
http://tokushima-gyogyou-academy.blogspot.com/2017/06/32.html

出羽島の皆様,ありがとうございました。

現場実習(進路選択オリエンテーション)@鞆浦

今年度2回目の進路選択オリエンテーションは,5月14日から18日にかけて,鞆浦地区での大敷網実習を行いました。
鞆浦の大敷網については,こちらをご覧ください。
http://tokushima-gyogyou-academy.blogspot.jp/2017/05/2.html

今回は天候に恵まれ,当初予定のスケジュールをこなすことができました。

宍喰の時とは異なり,大きな漁船・漁具に,研修生たちは興味津々です。

絞られてきた網から,魚を掬い上げます。

大敷網で漁獲される魚はさまざま。トビウオや,
 
タチウオ,
ハマチのほか,
クロマグロがとれたり,
巨大なマンボウが網にはいったりします。
期間中に「網替え」があったので,仕掛けの巨大さを陸上で見ることができました。
このように大きな網でも,「網繕い」は人の手で,コツコツと行います。
海上での「網替え」の様子です。

鞆浦漁協の皆様,ありがとうございました。

徳島県の漁業について学びました@水産研究課美波庁舎,鳴門庁舎

5月1日に水産研究課美波庁舎で,2日に同鳴門庁舎で,徳島県の漁業の概要を学ぶとともに,それぞれの施設の見学を行いました。


 
美波庁舎では,徳島県の漁業について,
  • 海況や海底地形との関係で,どのような魚種が生息し,どのあたりに漁場が形成されるのか
  • 県南部の主要な漁業である,釣り,引き縄,延縄,イセエビ刺網,海士漁業等の概要
についての説明を受けました。

あわせて,魚介類の飼育施設や研究施設の見学も実施しました(写真はアワビの飼育の様子です)。




鳴門庁舎では,鳴門海峡のタイ釣りや魚類養殖の説明を受けたほか,ワカメ養殖についても学びました。写真はワカメ養殖に用いる「種糸」です。

さらに,ワカメやノリ養殖に必要な海中の栄養塩の分析装置などを見学しました。


現場実習(進路選択オリエンテーション)@宍喰

入学式の翌週,4月23日から27日にかけて,宍喰地区での現場実習を行いました。
当初の予定では,イセエビ刺網と小型定置網の実習を行うこととしていましたが,天候の都合で,刺網はできず,小型定置網のみの実習となりました。

揚網開始

魚が見えてきました。イワシ類が多いようです。

陸揚げして種類別に魚を選り分けます。単価UPのために必要な作業です。

1期生の時もそうでしたが,1回目の現場実習では,その地区の漁業のほかに,漁業の基礎技術であるロープワーク,仕掛けづくり,網つくろい,も教えていただくことにしています。

ロープワークの実習中

釣りの仕掛けづくり

網つくろい。練習にはイセエビ刺網を用いました。

あと,これも漁師には必須のスキル,「魚の捌き方」も学びました。

とりあえず3枚おろしから。

刺身の大皿盛が出来上がりました。

いただきます。

宍喰漁協の皆様,ありがとうございました。



宍喰をはじめ徳島県南部ではノドグロも水揚げされ,ブランド化を図っています。アカデミー1期生の1人も,この宍喰地区で,ノドグロを漁獲しています。

平成30年度 第1回 とくしま漁業アカデミー運営会議 が開催されました

平成30年4月18日,入学式のあとに,「とくしま漁業アカデミー運営会議」が開催されました。
 
昨年度の研修結果から,今年度は以下の改善を行うことをご説明し,了承されました。
  • 小型船舶及び漁業無線の資格取得は,研修の早い時期に実施する。
  • 研修生にとって重要な,各漁村への移住に必要な各種の情報を,進路選択オリエンテーション時に詳細に提供する。
  • 気象・海象については,一般論だけでなく,各漁村における具体的な状況も,進路選択オリエンテーションにおいて学ぶこととする。
 また,委員の皆様から
  • 各地区での進路選択オリエンテーション時に,地元の先輩漁業者との意見交換を,もっと充実させればどうか。
  • 昨年度の椿泊地区においては,研修生の希望により,急遽「小型機船底びき網漁業」の研修も実施した。このように,可能な限り,研修生の希望を随時取り入れていくべきではないか。
との意見が出され,今年度の研修に反映させていくこととしました。


なお,委員は以下の皆様です(敬称略)。
 
所属・役職氏名備考
徳島県漁業協同組合連合会・代表理事会長久米順二副会長
徳島大学・副学長吉田和文 
阿南工業高等専門学校・校長寺沢計二 
徳島科学技術高等学校・校長伊勢和彦 
徳島県農林水産部・部長川合規史 
(公財)徳島県水産振興公害対策基金・常務理事石田陽司会長

とくしま漁業アカデミー 第2期生の入学式がとりおこなわれました

平成30年4月18日,徳島市内の徳島県水産会館において,とくしま漁業アカデミー第2期生の入学式が行われました。昨年度と同じく,春らしいとても良い天気の日でした。


今年度の研修生は,18歳から42歳まで,合計6人。
祝辞をいただいた徳島県議会議長 重清佳之 様(副議長 岩丸正史 様による代読),徳島県漁業協同組合連合会代表理事会長 久米順二 様をはじめ,ご来賓の方々,ありがとうございました。



週明けの4月23日からは,早速宍喰地区に1週間滞在して,漁業実習が始まります。